本文へスキップ

日本ケイビング連盟では、日本の洞窟探検の活性化と洞窟環境の保護のために、"洞窟ガイドの育成"、"洞窟レスキュー訓練の開催"、"洞窟の素晴らしさと怖さを伝える宣伝活動"を行っています


〒491-0827愛知県一宮市三ツ井7-12-14
TEL 0586-85-9018
FAX 0586-85-9019
お急ぎの方は090-3259-5293(吉田)まで

ケイビングガイド 認定証C-card

 
基準(全レベル5)と内容

ケイビングガイドに必要な技術を、難易度によって1〜5までレベルづけしました。

認定を受けた者は、以下の認定証(C-card)を受領します。レベルの高いクラス認定者は、すなわちケイビング技術が高く、探検・調査も行える者として認識されます。

   
 表面  裏面

レベル1(黄色)

許可されるガイド内容:照明、通路などが整備されていて施設として管理されている観光洞窟もしくは管理洞でのガイド

ここでは技術、知識のスキルレベルよりもエンターテイメント性が問われる。 なぜならケイビングガイドは必ず「安全と楽しさを提供できる」ガイドでなくてはならない。

レベル2(オレンジ)

許可されるガイド内容:洞窟の全貌、危険個所、見どころなど事前に調査されているが、照明、通路は整備されていない自然のままの管理洞窟。
横穴に限る。

ここでは技術、知識洞窟の成因、生物、鉱物、古生物、考古学など多種多様な問に於ける解説が広くできること。
ライト、簡単な安全サポート器具、その他の装備に関して熟知していること。
さまざまなシュテエーションにおいて、自分自身と第3者のサポートができること。
ハイポサーミア、止血法をよく理解して対処法のスキルを有していること。

レベル3(緑)

許可されるガイド内容:洞窟の全貌、危険個所、見どころなど事前に調査されているが、照明、通路は整備されていない自然のままの洞窟。

SRT(シングルロープテクニック)を熟知していて豊富な経験あり、臨機応変な対処ができること。
さまざまなシュテエーションにおける自分自身と第3者のサポートができるロープワークを身につけていること。
事前に現地の地表の環境つまり地質、地形、天候からの安全対策ができること。
危険予測をしてサポートがより安全に遂行できるように真摯に行動できること。
心肺蘇生法(しんぱいそせいほう、CardioPulmonary Resuscitation; CPR)の有資格者であること。
洞窟救助の最高レベルのスキルを有していること。

レベル4(青)

許可されるガイド内容:洞窟の全貌、危険個所、見どころなど事前に調査されているが、照明、通路は整備されていない自然のままの洞窟

レベル3までのすべての高いスキルを有していること。
いろいろなシュテエーションでのロープワークなどで自分自身と第3者のサポートができること。
事前に現地の地表の環境など地質、地形、天候からの安全対策ができること。
現地人とのコミュニュケーション力があること。
垂直方向に進んでいる竪穴の昇降、地下河川の渡渉など臨機応変にサポートができるもの。
心肺蘇生法(しんぱいそせいほう、CardioPulmonary Resuscitation; CPR)の有資格者であること。
洞窟救助の最高レベルのスキルを有していること。

レベル5(赤)

許可されるガイド内容:調査されていない未踏の洞窟をパーティーのレベルに合わせて可能な限り、ガイド・サポートできるレベル。
パーティーのリーダーとしても統率力を有していて常にベストな行動を展開できる者とする。

レベル4までのすべての高いスキルを有していること。
心肺蘇生法(しんぱいそせいほう、CardioPulmonary Resuscitation; CPR)の有資格者であること。
洞窟救助の最高レベルのスキルを有していること。

バナースペース

社団法人 日本ケイビング連盟


〒491-0827愛知県一宮市三ツ井7-12-14
TEL 0586-85-9018
FAX 0586-85-9019
お急ぎの方は090-3259-5293(吉田)まで